日本文化を楽しむ街へ GO! 浅草とスカイツリーの旅

※画像出典 クリンスイHp

日本文化を楽しむ街へ GO! 浅草とスカイツリーの旅

2019/12/21(土) BS-TBSで放送された

MIZUgoの東京・浅草とスカイツリーの旅
みんな見てくれたかな?

スカイツリーを見上げる浅草の街で

外国人の観光客に人気の人力車の車夫さんに

「未来につなげたい〇〇」をインタビューしてきたよ😊

スカイツリーでは
🎄クリスマスマーケットに出店して

みんなにカラダの芯から温まる
生姜と蜂蜜たっぷりの
ホットドリンクをお届けしました😊

世界中の人から愛される浅草はワクワクがいっぱい

MIZUgo | 宇和島ってどんなところ?

※画像出典:POCHI PHOTOさんの投稿

浅草は、歴史ある寺社仏閣を始め
日本文化を体感できる街として

日本人だけでなく、世界の人が訪れる街

浅草には情緒豊かな日本文化を感じさせてくれる 
ワクワクが「ぎゅーっ」と集まっていて

独特の雰囲気がありますよね。

そんな浅草の顔!と言えば!やっぱり!「浅草寺」

「浅草寺」は、東京観光のメッカ

毎年、地方や海外から年間約3,000万人もの
たくさんの人が集まってきます。
そんな日本の文化に触れる浅草の旅にMIZUgoも行ってきましたよ😊

みんなを迎えてくれる 浅草寺の入り口「雷門」の神様

MIZUgo | 宇和島ってどんなところ?

※画像 MATCHA

浅草寺の入り口でまず!
みんなを迎えてくれる「雷門」の両脇に居る神様は
何の神様か知ってますか?

雷門に向かって

右側が「風神様」
左側が「雷神様」です。

雷門の正式名称は
「風神雷神門」と言言います。

風神とは、風を司る神様
雷神とは、雷を司る神様のことですね。

お二人の神様が門の両側に建てられたことから
「風神雷神門」と名付けられました。

浅草寺の風神雷神の後ろにも

天龍像・金龍像の水を司る龍神様が
祀られているんですよ!

浅草の「浅草寺」は
「五穀豊穣」の祈りが込められていている

水にゆかりのある神様がお祀りされている
由緒あるお寺なんです。

浅草寺の始まりはとっても不思議で面白い

MIZUgo | 宇和島ってどんなところ?

※画像 浅草浅草寺

浅草寺の始まりは 
628年(推古天皇36年)です。

今からさかのぼること約1400年前のお話し

昔、むかし 宮戸川 (現在は隅田川)に

漁師をして暮らしていた二人の兄弟がいました。

MIZUgo | 宇和島ってどんなところ?

名前は
檜前浜成(ひのくまのはまなり)と
竹成(たけなり)です。

ある朝二人はいつものように
川で網を打っていました。

その網を引き上げてみると

なんと!二人の網に、一体の仏像が
かかっているではありませんか!

MIZUgo | 宇和島ってどんなところ?

「これはどうしたことだろう!?」

驚いた二人はあわてて
仏像を引き上げた川へお返しました。

ですが、それからというもの
何度か網を打つたびに

二人の網に、同じ仏像が
入ってくるのです。

二人は不思議に思い
この仏像を持ち帰ることにしました。

仏像を持ち帰った二人は
土地の長、土師中知(はじのなかとも)に
その仏像を見せにいきました。

すると土師中師は

この仏像さまは「仏像は聖観世音菩薩」
(しょうかんぜおんぼさつ)だと教えてくれました。

観音さまのお名前を称えて
一心に願い事をしなさい。

そうすれば、
必ず功徳をお授けくださるよと
浜成・竹成兄弟や近くの人びとに伝えました。

翌日には、近くの子どもたちがつくった
質素な草のお堂に観音さまをお祀りしましたが

その後土師中知は、自分の家をお寺にして
このありがたい観音さまをお祀りしたと
言うことです。

これが浅草寺 始まりのお話しです。

このお話しには浅草寺の秘話!
現代まで受け継がれている
続きがあるんですよ。

その後 浅草寺は645年(大化元年)に

浅草寺の観音堂を勝海上人という僧が
立派な建物へとつくり直しました。

MIZUgo | 宇和島ってどんなところ?

ある夜のこと勝海上人は
観音さまのお告げの夢をみました。

観音さまは勝海上人に
「みだりに拝するなかれ」と
お告げになり消えたのです。

それからというもの
観音様のお告げを守り

浅草寺のご本尊さまは「秘仏」とされて
今日まで!未だに公開されていないそうです。 

 

1400年もの歴史を持つ
浅草寺のお話し不思議でしょ😊

歴史を探検すると
たくさんの面白い発見があるよね

浅草の街を案内をしてくれる 粋な日本の人力車!

MIZUgo | 宇和島ってどんなところ?

※画像出典 じゃらんネット

浅草と言えば!目を引くのが
浅草の街の魅力を伝えてくれる人力車!

人力車は観光客に大人気です😊

日本人でも、
「一度は乗ってみたいなぁ〜」って
思いませんか?

浅草に訪れた人を、
昔ながらの人力車に乗せながら

浅草の観光案内をしてくれる。
人力車の車夫さん。

粋なお仕事ですよね❣️

人力車が登場するまで
日本の人々の交通手段は、

平安時代から続く
牛車や籠だったんだったそうですよ。

明治時代人力車は、東京の銀座
『諸車製造所秋葉大助』で作られていました。

銀座は日本最大の
人力車製造工場だったんだよ。

浅草の人力車の老舗「時代屋」車夫 鈴木 芳昭さん

MIZUgo | 宇和島ってどんなところ?

鈴木さんの車夫名は
俥 慈松(くるま しげまつ)さんです。

ベテラン車夫さんは、「お名取」さんで
車夫名が付いているのだそうなのです。 

   

鈴木さんは外国からのお客様に
英語で浅草の観光案内をしているんだって!

すごいですね〜😊 
人力車って、グローバルなお仕事なんですね。

鈴木さんの「未来につなげたい〇〇」は!

やっぱり!
「日本文化」⛩なんだそうです。

人力車のお仕事の魅力は
日本中!世界中の人と
触れ合えることなんだって

たくさんの方に出会えて
自分も刺激を受けて
価値観が広がるのだそうです。

鈴木さんがおすすめする
浅草の魅力とは
季節ごとの伝統行事と街のにぎわい!

浅草っていつも活気があって
元気が湧いてくる街なんですね😊

美しい浅草寺のライトアップは季節を問わず毎日行われています✨

MIZUgo | 美しい浅草寺のライトアップは季節を問わず毎日行われています✨

※画像出典 浅草寺

「浅草浅草寺」は都内最古のお寺

その周りにある仲見世通りには
楽しいおみやげ屋さんや、美味しいお店!

東京スカイツリーもすぐそばにあり
いつもたくさんの人で賑わっています。

たくさんの人と触れ合えた

ワクワクがいっぱいの
浅草と東京スカイツリーの旅
最高に楽しかったよ😊

MIZUgo 次の旅もお楽しみにね〜🚗

浅草寺
http://www.senso-ji.jp/about/

浅草寺に残る文化財
キューピーの散歩同好会
https://www.travelbook.co.jp/topic/14642