なごみのひと時を楽しむ日本のお茶と「おもてなし」の心

※画像出典毎日新聞撮影

なごみのひと時を楽しむ日本のお茶と「おもてなし」の心

人をホットさせる 一杯のお茶

「まあ、お茶でも」という
一杯のお茶には

人を和ませる「和」の心

日本人の人を心からもてなす
優しい思いやり

「おもてなし」の心があります。

お茶は私達、日本人に欠かせない
大切な飲みものですよね。

日本にお茶が伝わり
「おもてなし」の文化に発展
したのはなぜなんでしょうか?

おもてなしの心の源 お茶文化の始まりは?

MIZUgo | おもてなしの心の源 お茶文化の始まりは?

「おもてなし」の心は
日本で古くから伝わる「茶道」の作法と
精神がその源流と言われています。

「おもてなし」は英語で 
「Hospitality」(ホスピタリティ)
と訳されます。

和の心 日本のおもてなしの源
「茶の湯」の心は

礼儀正しく親切に人をもてなす
だけでなくて相手に対して

見えない部分にまで心を配る
優しい心遣いが込められている

「Hospitality」(ホスピタリティ)
と言う英語訳は

おもてなしの心にぴったりですよね。

さて日本でお茶が飲まれるように
なったのは、奈良・平安時代の頃です。

お茶は、中国から仏教とともに
日本に伝わりました。

遣唐使として唐に派遣された
僧侶たちが、眠気よけの薬として
持ち帰ったと言われてるそうです。

お茶は鎌倉時代に栄西(えいさい)禅師が
中国から持ち帰り、

将軍に献上したことが
始まりだと言われています。

栄西禅師が記した『喫茶養生記』には
『茶は養生の仙薬なり。延命の妙術なり』と書かれ、お茶を薬として紹介しています。

奈良・平安時代の頃。
一部の人だけが口にできる

貴重なハクライ品として
扱われていたお茶ですが

次第に武士同士で集まりで
「嗜好品」や「遊び」の
一つとして広まりました。

安土桃山時代に入ると
お茶の作法に禅宗の礼法を統合した
「侘び茶」の精神に重きが置かれ

やがてお茶の扱われ方が
変容していきます。

おもてなしの源になった
千利休の7つの教え

茶道千家流の始祖として
名高い千利休

千利休は、弟子たちに
茶道の基本的な作法や精神

「利休七則」と呼ばれる教えを
説いたと言われていわれています。

MIZUgo | 利休七則

※画像出展 れきし上の人物.com 利休七則

一則 茶は服のよきように点て
茶は相手の状況や気持ちを考えて点てよ

二則 炭は湯の沸くように置き
準備は的確に誠実に行うこと

三則 夏は涼しく冬暖かに
もてなしは相手が心地よく
感じられるようにすること

四則 花は野にあるように活け
ものの表現は本質を知って簡潔に
あるがままの姿で

五則 刻限は早めに
何事も心にゆとりをもって行うこと

六則 降らずとも雨の用意
相手のために万全の備えをせよ

七則 相客に心せよ
何事をするにも相手のことを考えて

相手の状況や気持ちを
思い量りながら湯を沸かし

お互いが最も心地よいと感じられるよう配慮せよ

常に心にゆとりを持ち
相手のために万全を尽くしなさい。

千利休は
大名も町人も百姓も
同じ客人としてもてなしなさいと

「茶室での身分は対等の立場」という
貴賤平等の教えも説いています。

まさに相手を思いやる
「おもてなし」の心の
源がありますね。

こうして
来てくれた客人のために
心を込めて準備をして

まずは、お茶をどうぞ🍵
と心地よいひと時を

共に大切に過ごすと言う
優しい「おもてなし」の心は

日本人みんなの心に
浸透していったんですね😊

MIZUgo | 一期一会

茶道では全ての出会いを
「一期一会」として

お互いがそのひとときを
一生に一度のことと大事に扱う

お互いが心地よい時間を過ごし
その後も良い関係性を築けるように

そうした調和の心
ホスピタリティの心

日本の「おもてなし」の心は

「和」の心として
世界の人達から敬われ
魅了してやまないのでしょうね😊

改めて日本🇯🇵って
やっぱり素敵だと思いません?

そんな日本の
「おもてなし」の心

これからも
大切にしたいですよね。

お茶のひと時をさらに豊かにする自宅で美味しいお茶を淹れる方法

MIZUgo | お茶のひと時をさらに豊かにする自宅で美味しいお茶を淹れる方法

ここ最近、

落ち着いた和の雰囲気で
お茶や和のスイーツを
いただきながらくつろげる

日本茶カフェや
和カフェといわれる

日本茶を中心としたカフェが
いくつも生まれていますね。

心がホットするなごみの時間は
誰にとっても大切な時間です。

そんなお茶のひと時を
自宅でさらに簡単に豊か味わう方法は

お茶だけでなくて
お水にこだわること。

茶に最適な水を使うことです。

美味しいお茶を簡単に
自宅で作れるアイテムを
ご紹介します。

お茶のために出来た浄水ポット🍵
美味しいお茶のための
「クリンスイ」です。

MIZUgo | クリンスイ

「クリンスイ」を使えば
ご家庭の水道水が
「あっ」という間に!

甘み、渋み、苦みといった
お茶が持つ味わいを豊かに引き出す

美味しい「お茶専用のお水」に
出来ちゃうんです。

このクリンスイは

富士の地で、明治から続く
老舗のお茶屋 山大園 の店主
日本茶インストラクター
渡辺 栄一さん 山大園 代表取締役
が使用しているんですよ。

MIZUgo | 老舗のお茶屋 山大園

※画像出典 Face to Face

渡辺さんは急須で淹れるお茶の味わい
そしてその奥にある日本の「おもてなし」
日本茶文化の深みを伝え続けている。
茶の心の伝道使です。

MIZUgoでお出ししているお茶は
山大園の「平常心」
を使用しています😊

渡辺さんは、淹れ方一つで
味が大きく変わる
急須で淹れたお茶を振る舞うと

目の前で、1種類のお茶から
甘み、渋み、苦みという違う味の
お茶ができあがると大変驚かれます。

外国の方にすごく感動されたり
共鳴されたりすることが多いと言います。

渡辺さん直伝急須を使った美味しい日本茶の入れ方

MIZUgo | 辺さん直伝急須を使った美味しい日本茶の入れ方

同じ茶葉を使って3回淹れます。
これを三煎と呼んでいます。

最初の一煎目は
湯の温度を70度くらいまで
下げてから急須に注ぎ、

1分ほど茶葉が開くのを待って
湯のみに淹れます。

唇とのどを潤しながら
口の中で甘みが広がっていくのが
感じられます。

これはテアニンという
アミノ酸の味わいですね。

 

次に二煎目
今度はもう少し熱い
80度くらいのお湯で先ほどより
短い時間で淹れます。

すると今度は渋みが
強い感じになります。

これがカテキンの味で
皆さんにも馴染みがある
味だと思います。

そして最後の三煎目はさらに
熱いお湯でさっと淹れます。

こうするとより苦みが強く出てきます。
これがカフェインの苦みです。

同じ茶葉なのに急須を使って
淹れ方を変えるだけで

全く違った味わいを
楽しむことができるんですよ。

その日の気分や
お客様の好みに合わせて
淹れ方を変える。

こうした加減ができるのが
急須を使ってお茶を淹れることの
楽しみと価値なんですね。

「まぁ まずはお茶を一杯」どうぞ😊

「お茶のためのクリンスイ」で
なごみのひと時を大好きな人と❤️
豊かに楽しんでくださいね。

未来につなげたい
身体にいいお水❣️

MIZUgoも日本各地の
イベントを中心に旅をして

皆さんを心から「おもてなし」
させて頂きます🚗

クリアな身体にいいお水

「クリンスイ」で作った
美味しいお飲み物を

ぜひ、ぜひ 😊
楽しみに来てね。

クリンスイのYouTubeチャンネル
「美味しいお茶の淹れ方」はこちらから
👇

https://youtu.be/BIkqJl4Cd08

和食のためのクリンスイ
お茶を美味しくするための水
👇

https://www.cleansui.com/shop/g/gJP407-T/